悪徳不動産業者に要注意!売却時の仲介業者のメリットデメリット

アフィリエイト

不動産の売却は人生においてとても大きな決断です。

焦って売却したり相場より安く売ってしまったりと、失敗が多いのも事実です。

この記事では、失敗しない不動産の売却方法、不動産業者に仲介してもらうメリットデメリットをご紹介しております。

不動産業者に仲介してもらうメリットとデメリット

デメリット

  • 仲介手数料が掛かる
  • 無能な営業マンは満足のいく金額で売却できない。
  • 悪徳不動産業者に当たる場合がある

メリット

  • 契約書を交わすので売却後トラブルが起きにくい
  • 面倒な手続き・調査を全て代行してくれる
  • 優秀な営業マンは満足な金額で売却できる

それでは1つずつ解説していきます。

デメリット

仲介手数料が掛かる

宅建業法で金額が定められていますので、ぼったくられる心配はありません。

仲介手数料は下記の通りとなります。

売却価格200万円以下の金額=代金の5%+消費税

売却価格200万円を超え400万円以下の金額=代金の4%+20,000円+消費税

売却価格400万円を超える金額=代金の3%+60,000円+消費税

無能な営業マンは満足のいく金額で売却できない

無能な営業マンは「売り方」を知りませんので売却に多大の期間を要します。

また、ノルマや歩合給のため早く販売できるよう、それっぽい根拠を元に安い金額での販売を提案してきます。

被害に遭わないために、所有されている不動産の資格で販売されている不動産の相場を予め調べておき、何社かに見積もりしてもらう必要があります。

悪徳不動産業者に当たる可能性がある

不動産売却時の「解体費用」などの見積書の金額を偽造して提出してくることがあります。

これは上乗せした金額を中抜きして会社の利益にするためです。

現在は業法も厳しくなり悪徳不動産業者はかなり減少しましたが、被害に遭わないために、ご自身で何社か解体業者に見積もってもらい相場を知っておく必要があります。

メリット

優秀な営業マンが担当だと満足な金額で売却できる

優秀な営業マンは「売り方」を知っています。

オーナー様希望の金額、不動産の形状などから根拠を元に、「満足のいく金額を提案」してくれます。希望の期間内の売却に最善を尽くしてお手伝いしてくれます。

信頼できる営業マンに売却をお任せすると必ず期待に応えてくれるでしょう。

契約書を交わすので売却後トラブルが起きにくい

不動産個人売買にはトラブルはつきものです。

不動産業者に仲介してもらうと買主様と「売買契約書」を交わし契約して売買を行いますので、契約外のドラブルに巻き込まれなくなります。

万が一トラブルが起きてしまった場合には仲介業社が対応してくれます。

「仲介手数料=保険料」と同じですので、大きなトラブルが起こった際に保険(仲介業者)で対応してくれるので安心です。

面倒な手続き・調査を全て代行してくれる

市役所・現場での「不動産の調査」や「契約書類の作成」「登記」などの面倒な書類の作成、手続きを全て代行してくれます。

また、不安や疑問にも全て答えてくれるので安心してストレス無く売却できます。

売却前の準備

  • 価格を調べて相場感を把握
  • 実際に査定サイトで査定
  • 不動産会社に相談する

価格を調べて相場感を把握

「SUUMO」「at home」などの不動産サイトで所有している不動産(土地・建物)周辺の町の販売価格を調べます。

坪単価(相場)を調べる場合は、「販売価格×0.3025」で計算できます。

また、この作業が悪徳不動産会社に騙されないためには一番重要です。

評価額でしか売れないと思いがちですが、実際にはオーナー様・地主様のご希望や不動産の状況によって価値を決めて販売します。

査定サイトで実際に査定

査定サイトでの査定は無料です。

情報を入力すると自動で査定を行い、その後不動産会社から連絡がきて、相談に乗ってもらえる事もありますので入力ミスをしないようにしましょう。

また、不動産会社へ相談の際に「査定サイトではこれくらいの査定額だったんだけど相場で売れますか…?」と相場は把握していると思われると低く見積もられる可能性も低くなります。

不動産会社に相談する

近くの不動産会社に直接伺っても、電話でもどちらでも対応してくれます。

ネットの評価は会社ではなく「口コミを書いたお客様の担当営業マン」の評価です。

その会社にも「優秀な営業マン」が居る可能性がありますので、口コミの「無能な営業マン」だったら担当を変えてもらうように申し出るといいかもしれません。

また、売却後の「税金」についても詳しく聞くことができますので、なんでも質問することが大切です。

売却前の不動産豆知識

一般的には「南西角地」や「南道路」、「整形地」は相場より高く売却が期待できます。

理由は、南側に道路がある事で日当たりが良くかなりの需要があるからです。

逆に相場より価格が低くなる不動産の特徴は、「墓地の近辺」「接道が狭い」「土地の形が悪い」「旗竿地」です。

理由は住みづらく、心理的な瑕疵(欠点)があり需要がないからです。

また、用途地域が「市街化調整区域」の場合は一般的な土地より制限が多く想像より安い売却価格になてしまうことがあります。

市役所に「用途地域を確認したい」と伝えると簡単に聞くことができます。

まとめ

不動産の売却には多大の時間と手間を要します。

仲介業者への相談は、かなりのストレスや疑問を無くし、個人で売買した後の大きなトラブルを防ぐことができます。

全力でサポートしてくれる「優秀な営業マン」に出会えるよう複数社に依頼することによって、スムーズで安心な不動産の売却が可能です。

そして、全ての「見積書」「契約書」などの書類にはしっかりと目を通し、中抜きの被害に遭わないように注意しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました